産後にシミが急激に増えてしまうのはなぜ?

産後にシミが急激に増えてしまうのはなぜ? 妊娠中、産後って恐いくらいにシミができます。理由は2つあります。


 女性ホルモンの変動に反応するメラニンがある
 紫外線に対する感受性が高まるのでシミができやすい


つまり、ホルモンバランスの乱れによってできるシミ(主に肝斑)と紫外線に弱くなることで出来てしまうシミの2つがあるということです。


基本的に女性ホルモンの乱れが原因の肝斑は出産後にホルモンバランスが元に戻れば消えていくといわれますが、消えずに居座ってしまうことも多いです。


また、産後は妊娠中の紫外線に弱くなった肌に蓄積されてしまった紫外線ダメージがでてきてしまったり、 ホルモンバランスが不安定な状態が続く(半年~1年)こと、子育てに手一杯でUVケアや美白ケアがおろそかになってしまうことが重なるのでシミができやすいといえるんですね。


まだまだ本調子といえない産後の肌を美白しようと思ったらシミに対する作用が強いものを選ぶのもいいですが、やっぱり低刺激なものを選んで根気よく肌をいたわりながら 新陳代謝を促してそのなかでシミケアしていくほうが肌への負担も少なくて済むはずです。


最近は敏感肌ブランドから肌のバリア機能を立て直し、ゆらぐ肌を改善しながら美白成分を効かせることができる産後のデリケートな肌にぴったりな 美白化粧品が次々販売されているのでそういったものを使うと安心だと思いますよ。


産後の不安定な肌のシミ対策に! 敏感肌美白といえばコレ!

産後のシミ対策に使いたい美白化粧品<Best3>

商品名 価格・送料 商品の特徴
ディセンシア サエル


1,480円


注目 安心&安全を重視する人向けの敏感肌美白の先駆者
カネボウ白斑問題以降、注目を浴びるようになった肌にやさしい美白ができるブランドがディセンシアのサエル。肌を保護する・保湿する・美白するという3つの相乗効果で 肌に負担をかけることなく、美白が効く肌環境を整えて美白成分の作用を120%引き出します。
ディセンシア サエル
ビーグレン

1,944円


注目 浸透力を高めてハイドロキノンでシミに一撃!
今あるシミを安全に薄くすることにこだわったのがビーグレンのQuSomeホワイト・プログラム。 ラインで使うことで「シミを薄くする肌体質を作り、シミを予防し、シミを薄くする」という3つの作用の相乗効果が得られます。
オバジ HQブライトニングナイトセラム
アンプルール

1,890円

注目気になる1点のシミに密着し、夜通しアプローチ!
「NHK きれいの魔法」でも紹介された新安定型ハイドロキノンを配合したアンプルールの美白ライン。 特に産後のシミに使うのならハイドロキノン配合の美白化粧水とシミ密着してメラニンを狙い撃ちにするスポッツケア用の美白美容液がおすすめ。
今あるシミも、未来のシミも。アンプルールのW美白
産後のシミ対策に使いたい美白化粧品はこれ!

ディセンシアサエルの敏感肌美白の特徴は? 要チェック 産後のシミ対策はデリケート肌をいたわることが大事!


できてしまったシミや肝斑に対する美白効果でいえばハイドロキノンが配合されているビーグレンやアンプルールのほうが期待できると思います。


通常の肌状態でシミや肝斑に悩んでいるなら迷うことなくハイドロキノン配合の美白美容液であったり、美白クリームを選ぶべきだと思いますが、 デリケートになっている産後の肌状態になると話は別です。


この時期に無理なスキンケアをしたり、強烈な作用のある有効成分は肌にとって刺激になることが多いです。そうした刺激は肌内部に炎症を引き起こす原因になるので シミや肝斑を悪化させてしまう可能性があるんですね。


そう考えると、ホルモンバランスが不安定でデリケートになっている産後の肌に最優先すべきは、肌環境を整えることであり、肌の土台作りなんですね。 シミだけにフォーカスするのではなく、肌の表層や角層にも目を向けてゆらがない肌環境をつくったうえで美白したほうが肌にとっては負担はかかりません。


「肌への負担を最小限に抑えて最大限の効果を引き出す」という点でいえばやはりデリケートな肌にどうやって美白を効かせるかを追求してきた敏感肌ブランドの美白ラインがイチオシです。 なかでも一番評価が高いのがディセンシアのサエルです。抗酸化作用、低刺激etc...。何が評価されているかは体験者の声を聞いてみるのが一番です。


サエルに寄せられた体験談を見てみる! 体験者の感想はコチラ

産後のシミ対策は美白クリームを中心に考えるのがいい理由

産後のシミ対策は美白クリームを中心に考えるのがいい理由 要チェック 今の美白クリームは美容液以上にハイスペック!


美白といえば美容液というイメージがありますが、デリケートでゆらぎがちな産後の肌に使うことを考えると肌触りが柔らかいクリームをメインに使ったほうが肌に刺激なく美白ができます。


「クリームなんてベタベタしてラインの最後に油分でフタをするもんでしょ?」と思っている人は時代遅れもいいところ。


今の美白クリームは肌にのせた瞬間、溶けるように浸透するサラサラのものや美容液以上に有効成分を高濃度に配合して効かせる処方になっているものも多いんです。


ただ、そんな美白クリームもシミや肝斑を早く何とかしようとすりこむように擦って使ってしまうとその刺激でシミや肝斑が悪化してしまうので注意が必要です。 皮膚科の先生に話を伺ったところシミの相談で病院に来るような人は例外なく、肌を擦りすぎていてみずから状態を悪化させてしまっているケースが多いということですから。


乾燥が強い人、目元に近い部分にシミがある人、目の周りの小じわ、黒ずみも気になる人にとってもハイスペックな美白クリームを使うことで保湿力を高めながら刺激や摩擦を抑えた肌にやさしい美白ができると思います。最悪、洗顔後はクリームだけのケアでもOKなので乳飲み子を抱えて時間のないママの時短スキンケアにも重宝するはずです。


クリーム1つで「保湿×美白」 敏感肌が実感できる「白さ」の秘密
Copyright © 2014 産後のシミ対策用美白化粧品ガイド~今注目の3商品を解説!· All Rights Reserved·